ie

2009年から、写真誌「PHaT PHOTO」が主催する写真教室に通っていたのですが、
先月無事に3年間の課程が終了しました。

毎回100%かそれ以上の力を注げば、写力も向上しただろうに。。。と思うところもありますが、
60%くらいの力でゆるゆると参加したことで、卒業まで続けられたのかも。

1年目にかろうじて習った技術的なこともすでに記憶の彼方であり、
気になったものに対してシャッターを切るだけ。
という、撮り方も写真を始めたころとそんなに変わっていなく。

それでも、
今まで気にならなかったものが気になるようになったことや
誰かにそれを見せるとか伝えることを意識するようになったことや
それに付き合ってくれる友達が芋弦式に増えたことが
3年間で大きく変わりました。

3年前にはまったく無かった人間関係の中で、今ほぼ生きているし
常に次にやる展示のことで頭がいっぱい。
友達には、最高に楽しい時間を共有して、いろんなことも教わって、感謝感謝。

こんな生活をしていると、世の中のことも自分の年齢のことも忘れがちですが、
(これを浦島太郎状態というのか。。。)
大事なことは、大事だと忘れないようにして、これからもよき趣味として楽しんでゆきたいと思います!

10月に卒展をする予定なのでよろしくお願いします~!