奄美大島に行ってきました。
奄美は名前こそ有名ですが、観光地といえるようなレジャーがなく、
森(半ジャングル)→集落→森(半ジャングル)→集落→森(半ジャングル)→たまに島人→…を繰り返す
激しくリアス式な海岸に沿った起伏とカーブの激しい悪路をひたすら走る旅となりました。

加計呂麻は、奄美大島の古仁屋という港からフェリーで20分ほどの島。
島にお店はないので、島民は食糧から日用品まで、1日3本のフェリーで買い出しにいくのだそうです。

kakeroma

この絶景ブランコ!加計呂麻の、断崖絶壁に設置されています。
ちょっとバランスを崩したら、崖から海にまっさかさまですよ!!行かれる方はお気をつけて!!
ガイドブックにはでていなかったので、場所を特定するのが大変でしたが、
ここにあります!
前日に大雨警報が出たくらいの荒天だったせいで、ただでさえ狭くて右も左も崖のような道がさらに
落石・土砂崩れ・山肌から水があふれる…などの悪路続き。
運が悪かったら死んでいたよと思うくらい、たどり着くまではこわかったー。

kakeroma

この絶景っぷり、、伝わるかしら。

kakeroma

加計呂麻バス。ぶちゃいくでレトロでかわいい。南国顔。
このバスたちが、「フェリーかけろま」が到着する時間にわらわらと集まってきます。
フェリーに車を乗せると5000円以上かかってしまいますが、人だけだと300円程度。
島民は古仁屋で両手いっぱいに買い出しして、フェリーから降りるとえっさえっさとバスに乗り込んでゆきました。
この不便な土地で車を使わず、自分の腕の力と徒歩とバスで生活しているなんてすごい。

kakeroma

諸鈍という集落にあった学校。
この辺の学校は、平屋で校庭にがじゅまるやヤシの木が生えてて、小中学校が合体しているパターンが多かった。
そして学校の目の前はもちろん海!!

kakeroma

校門前にこんな感じでおまわりさんもいました。
人をあまり見かけないこの町で、この「人らしき」物体、かなり目立つ。

kakeroma

こちらは安脚場戦跡という廃墟。「海と廃墟」は、「花と廃墟」に次いで悲しくて美しい雰囲気を醸し出しますねっ
加計呂麻の東の果てにありますが、とても美しい廃屋と景色が眺められるので、割とガイドにも載っているのですが
ヒトはわたしたちともうひとグループのみ。
どこにいっても人だらけ、なゴールデンウィークに、人になかなか会わないゴールデンウィークを過ごした感じです。

奄美大島編はこちら