昭和・レトロ・廃墟・海…と写真を趣味とする者(の一部の人間)には宝の山であろう、熱海へ撮影に行ってきました。
傾斜がきつく、路地に入ればだいたい急な坂か階段、というのが思った以上にものすごく大変!

atami

建物が黒ずんで風化しているものが多いのは、潮風のせい?
ほったらかしで人がいるのかいないのかわからないような、ほぼ放置な雑居ビル多数。
一歩路地に入ると、よくこんなところに建てたものだ…と感心するような木造の古い家がひしめき合います。

atami

某、古~い銭湯(の番頭さん)と、来宮近くの空アパート、まじ怖かったー!