お正月明けに、なかよし写真仲間9人で温泉にいって来ました。
四万温泉の積善館という宿。
千と千尋の神隠しに出てくるお油屋のモデルとなったところらしいです。

ちなみに千と千尋のモデルとなったと言われるお風呂や街などは他にも、
・江戸東京たてもの園
・鶴巻温泉の旅館陣屋
・道後温泉本館
・渋温泉金具屋
・湯原温泉油屋
・九分(台湾)
…等々、複数あります。積善館もそのひとつで
特徴的なのは、宿の前にある赤い橋で、
ここは、息を止めてあるかないと人間が来たと蛙にバレるところですね!!
あとは、なんと言っても登録文化財でもある「元禄の湯」!!

ホームページの情報によれば、積善館の歴史は300年!
ということだけあって、建物はかなり古い!
私たちが泊まる一番安いプランでは、もう柱も壁もギシギシ、
隙間風ふきまくりの一番ぼろい、ではなくて、風情のあるお部屋♪
もちろん、超老舗旅館なので、お金を払えば隙間風の吹かないキレイなお部屋もありますよ!!

二日目は、同じ町内(中之条町)にある、「伊参(いさま)スタジオ」へ。
映画のロケなどにつかわれている廃校舎で、一般にも開放されてます。
少し前までは、コミュニティバスで行けたようですが、そのバス路線も廃線となっており…(悲)
大人数の旅行でよかった!タクシーで現地へ。

正月明け、雪の残る寒い日にわざわざここまでくる物好きは私たちだけで、
校舎二階部分は撮影しほうだい♪
でも暖房なんて甘いものはなく、本当に寒かったー!

今回風邪っぴきが多くて、温泉も撮影も飲みも全力投下できなかったけど、
鼻水たらしながらも沢山笑った2日間でした☆